マイクロスコープで歯の寿命を延ばす当院の取り組みについて|千葉県柏駅1分の歯医者|柏KT歯科

新型コロナウイルス対策について

  • マイクロスコープ3台 / 歯科用CT完備
  • カウンセリングルーム / オペルーム完備

天然歯の保存にこだわり

初診予約・お問い合わせ

English Speaking Dentist

04-7166-6464

千葉県柏市柏1-1-7 池松ビル3F

マイクロスコープで歯の寿命を延ばす当院の取り組みについて

投稿日:2020年10月7日

カテゴリ:スタッフブログ

柏駅南口より徒歩1分、柏KT歯科です。

みなさん、歯には治療できる回数があるのをご存知でしょうか?虫歯治療は何度も繰り返し行えるわけではありません。虫歯になって、歯を削って、詰めて・被せてを繰り返しているとご自身の歯質は徐々になくなってしまいます。今回は当院の虫歯治療で歯の寿命を延ばすための当院の取り組みについてご紹介します。

虫歯治療は「治す」のではなく、「歯の修理」

治療と聞くと、悪い部分を取り除いて「治す=治癒」するように思われているかもしれませんが、実際は歯の治療は元の状態に戻す「治癒」ではなく、「修復」なのです。

虫歯や歯周病で失った歯の機能を修復するために行うのが歯科医院で行う治療です。ですが虫歯治療を行うためには、虫歯になった場所を削り、詰め物・被せ物をつけるためにも新しく歯質を削る必要があります。なんども削って・詰めての治療を行なっていると、徐々にご自身の歯質が少なくなります。

つぎはぎだらけの状態だと、歯そのものの強度も小さくなるため歯が割れ、最終的には「抜歯」となってしまうこともあるのです。

歯質を多く残した治療が歯の寿命を延ばすためのポイント

歯質を多く残すために、一番おすすめなことは定期的な「メインテナンス」です。虫歯が小さなうちに治療ができれば、歯を削る量も少なくて済みます。小さな虫歯のうちには自覚症状もほとんどないため、歯の専門家による定期検診で早期発見・早期治療することが何よりも重要です。

当院では、3ヶ月に1回のメインテナンスで虫歯や歯周病に罹患していないかのチェックを行なっております。専用の機械を使用することで、普段の手磨きでは取り残してしまう、バイオフィルムまで除去することができますので、お気軽にご相談ください。

虫歯の治療が必要になった場合の歯の寿命を延ばすポイント

では実際に虫歯治療が必要となった場合の歯の寿命を延ばすポイントをご説明します。

そのポイントとはズバリ、歯の寿命を長持ちさせるには、治療時には「いかにご自身の歯質を多く残せるか」「少ない切削量で歯を削れるか」なのです。

当院では3つの専用機材を用いて治療を行います。

1、マイクロスコープ(歯科顕微鏡)

拡大した視野でできるだけ切削量を減らした治療を行います。マイクロスコープは肉眼のおそよ20倍の視野で治療をすることができます。そのため、虫歯部位と健全な歯質の境目を目視で確認しながら治療をすることが可能です。

以前こちらのブログでもご紹介させていただきましたが、当院はマイクロスコープを3台所有し、治療にあたっています。その理由は、歯の切削量を減らし、丁寧な治療を行うためにはマイクロスコープ導入が何よりも重要だと感じているからです。

一般歯科でマイクロスコープを導入されているところはまだまだ少ないです。マイクロスコープを使用した治療を受けてみたいとお考えの方は是非、当院にお越しください。

2、エルビウムヤグレーザー

虫歯をタービンで削るのではなく、レーザーを用いて熱で蒸散させる方法です。切削量を最小化できるので、無駄に歯を削る心配がありません。

「レーザー」と聞くととても痛みを伴う治療のように感じてしまうかもしれませんが、実は痛みもほとんどなく、治療時間も短縮して済ませることができます。

3、エキスカベーター

「キーン」と歯医者さん独特の音、苦手な方は多いと思います。当院では機械で虫歯を削る方法に加え、小さな「耳かき」のような形状をした手動での切削器具を用いて歯を削り出していきます。

レーザーやマイクロスコープと同じく、無駄に削る心配がなく、また歯医者さん嫌いの方でも「キーン」という独特の音を発せず治療ができるため、リラックスした状態で治療を受けていただくことができます。

歯の健康寿命を延ばした治療を受けたい方は是非当院へ

「できるだけ歯を残した治療を受けたい」とご希望の方は是非柏KT歯科にお越しください。

治療後も健康なお口を維持できるように、定期的な検診も行なっております。

治療だけでなく、歯の定期的なメインテナンスまで、お口の中をトータルサポートさせていただきますのでお気軽にご来院ください。

トップへ戻る