歯科用CT

歯科用CTとは一般のレントゲン写真とは全く次元の異なるレベルで3次元的に骨や歯の状態を知ることができるコンピュータトモグラフィー(CT:Computed Tomography)です。歯科(顎顔面)領域では医科用のものに比べはるかに被爆線量が少ない断層撮影で診断を行うことが可能になり、安心して検査を受けらるものになりました。

当院ではその中でも世界最小レベルのX線線量を実現したドイツシロナ社製歯科用コーンビームCTガリレオスを導入しています。
インプラントのプランニングから口腔外科領域(親知らずの抜歯、骨折、唾石、上顎洞などの副鼻腔炎)の診断、根管治療や歯周病の進行、回復の程度まで口腔内の精密診査で使われます。
今まで原因が解らず治療が延々と長引いていたようなケースでお悩みの方もCTによる精密検査をお勧めします。