口腔外科

口腔外科では抜歯や上顎洞炎、顎関節症、口内炎などの治療があります。

抜歯は歯を残すための保存治療が不可能であったり正常に歯が出てこないために周囲に影響があるような埋伏歯などに適応されます。 ほとんどの歯は問題なく抜歯をすることができます。

上顎洞炎、中でも歯性上顎洞炎は上の大臼歯等の虫歯が原因で歯から副鼻腔に炎症を引き起こしたものです。歯の根の中の治療等によって改善するものもあります。

顎関節症は口が開かない、顎が痛い、顎を動かすとかくカクカク音がするといった症状のいずれかがあります。これらは関節円板と呼ばれるもののずれによるのです。いくつか原因が考えられる中に噛み合わせのズレや食いしばりなどがあります。 お薬やスプリントといった保存療法が一般的です。

口内炎の原因ははっきりわかっていませんが入れ歯やかぶせた歯の形が刺激になっていることもあります。お薬やレーザーで治療を行い比較的早く痛みも取れますが、 再発を繰り返すことも多いアフタ性潰瘍もあります。この場合注意しなければならないのは再発性アフタに加え、皮膚や目の症状もあるようなら全身性炎症疾患のベーチェット病を疑う必要があるでしょう。