ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは

ムシ歯治療は基本的にはムシ歯を削って何かを詰めるわけです。
削り方や詰める材質でその歯の寿命が左右されるのです。
削る場合、ムシ歯だけを選択して削ることは肉眼では不可能です。

マイクロスコープを使用した治療は遥かに高精度ですが技術と経験がなければ難しく詰めるための材質も異なります。
ただ白いプラスチックや銀歯を詰める治療は後々再治療を繰り返され徐々に歯を抜くという虫歯治療の負のサイクルに入っていく可能性が高くなります。
色調や機械的強度に優れた光重合型コンポジットレジンを用いたマイクロスコープを使用したダイレクトボンディングはなるべく歯を削らないM.I(ミニマルインターベンション)治療です。