マイクロスコープデンティストリー

マイクロスコープデンティストリーとは、お口の中の細菌を顕微鏡で確認したりすることではなく、脳外科などの手術に使われる顕微鏡を用いながらムシ歯を削ったり、根管治療(歯根の中をきれいにする治療)、かぶせものの適合状態の確認などといったほぼすべての診療で高精度の歯科治療を行うことです。

歯科治療はほとんどが口の中という限られた空間で何ミクロンと、非常に細かな処置が求められるのですが、以前はユニット(診療の時に座る椅子)付属のライトと肉眼、または拡大鏡(ルーペ)で診療を行っていました。

ある程度は拡大鏡を使用することで緻密な治療は可能になりましたがマイクロスコープは同軸光源によりかなりな明るさを確保でき、拡大率も20倍と高く、診療の様子を録画保存することもでき情報量が飛躍的に多くなりました。

マイクロスコープを治療に用いることで、今までは肉眼に頼らざるを得なかった複雑な歯根の中の汚れを取る治療(根管治療)や、歯とセラミックなどのかぶせものの適合状態を高い精度で確認することができます。

虫歯治療で歯を削る際にもマイクロスコープ用の特殊なツールを用い健全な部分の歯質を削らずに済みますし、インプラントや歯周病などの手術の際にも最低限の侵襲(ミニマルインターベンション)ですむため、生体にやさしく傷の治りも早く目立たなくできます。
また、肉眼ではわからない歯や詰め物のわずかな破折・亀裂・隙間なども見つけやすく初期のムシ歯の発見、治療に大変有効なツールになっています。

プレパレーション(形成)

補綴物(被せ物)や充填物(詰め物)が長持ちする条件の中に適合性があります。

歯を削る際にはCADCAMや歯科技工士が作りやすいように形成しなければなりません。
数ミクロンの精度でのことですので肉眼ではある程度までしか追求できません。

特に審美的な要求が強い前歯の部分での適合性は歯周病のリスクを高める再治療や抜歯へと繋がる危険もあります。
オールセラミックによる治療では必ずマイクロスコープによる適合性の確認を行っています。

最終的には歯科治療は経験とテクニックが重要なのは当然ですが、マイクロスコープは治療の質を確実に上げ現在では最高水準の治療を提供できるものです。

現在日本の歯科医院でのマイクロスコープの普及率は2%程度ですが、アメリカの歯内療法専門医はマイクロスコープの使用が義務づけられています。
しかしマイクロスコープ自体が高価な機器のため歯科大学でも導入台数は多いとはいえず歯科大学生への教育はまだこれからといった状況です。

当院ではすべての診療ユニットにドイツ・カールツァイス社製マイクロスコープを設置しており国内外で専門のトレーニングを受けたドクターが診療に使用しています。

根管治療

根管治療とはなにか、ご紹介いたします。

>>根管治療を詳しく見る

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとはなにか、ご紹介いたします。

>>ダイレクトボンディングを詳しく見る