歯周病治療

歯周病とは

歯周病は日本人成人の8割がかかっているという細菌感染による感染症です。
慢性炎症の歯周病の存在が血糖値の上昇を引き起こし糖尿病のコントロールが難しくなることがわかっています。

他にも早産や低体重児出産、誤嚥性肺炎、脳卒中、肥満も歯周病との関わりから早期の治療が望まれます。

歯周病について歯肉の腫れや出血、口臭がひどく、歯がぐらぐらし今にも抜けてしまうイメージを持つ方もいますがそれは重症ケースでそこに行くまでに治療をスタートさせたいものです。

当院では位相差顕微鏡を使用した歯周病治療により、短期間で口腔内環境を改善させ歯周病の再発防止を目標に取り組んでいます。


歯周病治療の流れ

1. 口腔内の検査 カウンセリング

歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影を行います。
歯周病の原因は1人1人異なりますので、治療していく前に検査を行い、1人1人に適した治療を行っていきます。

2. プラークの除去

歯周病の原因は歯垢(プラーク)なので、プラークを除去し付きにくくすることが治療の基本となります。歯科衛生士による専門的なクリーニング・歯みがき指導や歯間ブラシ、デンタルフロスなど補助的な清掃指導で改善をはかります。簡単に落とせる歯石やプラークを落していき、検査にて改善を確認します。
軽度の歯周炎の方はここまでで治療が完了します。

3. 外科的処置

中等度~重度の歯周炎の場合、歯石が深くまであるため取りきれません。
このような場合は外科的な治療が必要となります。 麻酔をしてから歯肉の切開をし、歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)・炎症を強く持った歯肉を除去します。

4. メンテナンス

口の中の細菌を完全になくすことは難しく、歯周病は再発し易いので、治療完了後も定期的なメンテナンスが必要となります。再発防止には患者さん自身による歯垢(プラーク)のコントロールだけでなく、定期的に歯科医師や歯科衛生士による専門的な検診や治療を受け、歯をメンテナンスすることが重要です。