マタニティー歯科

妊娠中の歯科治療

ムシ歯や歯周病は細菌による感染症です。

もともと赤ちゃんの口の中には虫歯菌は存在しないのです。
ところが1歳半から2歳半くらいまでの間に、ムシ歯を持つお母さんやお父さんたち周囲の人たち、大人からの唾液によって、ムシ歯菌による感染が起きてしまうのです。

この時期にムシ歯菌に感染させないことが、将来お子様がムシ歯になりにくい歯を持ち、健康に暮らしていける方法です。

大切なお子様がムシ歯で苦しむことのないようにするには、生まれる前からの準備が必要です。妊娠前にお母さんのお口の中にあるムシ歯や歯周病が治療されて、健康できれいな状態であることが生まれてくる赤ちゃんのためにも理想的なことなのです。

とは言っても妊娠中に「歯が痛い、ムシ歯がありそう」「詰めていたものがとれてしまった」「歯肉から出血するようになった」などの症状が出てしまうことがあります。

では妊娠中の歯科治療は受けてはいけないのでしょうか。そんなことはありません。
妊娠の安定期に入ればムシ歯や歯周病の治療などは受けていただけます。
ただし安定期以外の妊娠の初期・後期では長時間・長期間の治療は控えて応急処置のみにしておきましょう。

赤ちゃんの歯も胎生7週頃から作られていくのでお母さんの体調管理が重要です。
赤ちゃんがおなかの中にいるとき母体の健康がしっかり維持されないとさまざまな影響を受けてしまいます。例えば日本人成人の8割が罹っているといわれる歯周病が問題です。

妊娠中はエストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンの分泌が多くなり、生活環境が変わり、つわりで歯が磨きにくくなり、この時期に妊娠性歯肉炎や歯周病を悪化させる方がいます。

女性ホルモンのうちのエストロゲンが多くなることで歯周病になりやすくなり、この歯周病によって陣痛を起こすプロスタグランジンの産生が促進され、早産、特にまだ十分な体重に達していない赤ちゃんである低出生体重児が生まれる可能性が高くなります。

最近の研究では歯肉が健康である妊婦と比較し中・重度の歯周病になっている妊婦は早産、低出生体重児の出産のリスクが7倍も高いとの調査結果を報告しています。

これ以外にも過剰なダイエットなども可能性を高める因子であることがわかっています。

このようなことからくぼのや歯科では特に妊娠中のお母さんの歯肉の状態を改善し、健康を維持するための唾液検査や定期的なPMTCといったケアプログラムを作って取り組んでいます。

妊娠中のエックス線撮影

歯科で必要なエックス線写真は歯や顎の領域の撮影です。
一般的な歯科用エックス線撮影装置で撮影する「口内法X線写真・デンタル」は一枚撮影するのに0.01ミリシーベルトの放射線量と言われています。

当院のエックス線撮影装置はすべて早くからデジタル化されており、一般的な歯科用エックス線撮影装置に比べ10分の1の被爆量となっています。
さらに撮影時におなかの赤ちゃんへの影響が無いよう、くぼのや歯科では必ず首から膝まで、鉛が入った防護エプロンを着用していただいています。

奇形や精神発達遅延が現れるとされるのに必要な放射線量は100ミリシーベルト以上とされ、歯のエックス線写真で影響が出るとすれば、数万枚の写真を同時に防護エプロンもつけないで撮影した場合ということになります。

余談ですが地球上では自然放射線があり誰もが年間受ける放射線被爆の量が平均2,4ミリシーベルトです。
もちろん歯科におけるエックス線撮影は医療上、患者様にとって有意義なものですが、その写真を的確に診断する能力を歯科医がもつことが前提です。
それでも心配な方はエックス線写真をとりたくないことを遠慮なくご相談ください。

妊娠中の麻酔・薬

エックス線写真同様必ずしも歯科治療すべてに麻酔が必要とは限りませんが、ムシ歯などの歯科治療において通常使用する量では胎児への影響はありません。
痛いのを我慢することでのストレスの方が問題でしょう。

薬剤に対しては投与を控えなければならない薬もありますが歯科において歯周病などによる腫れを押さえるための抗生物質はおなかの赤ちゃんや乳児への移行の少ない安全性の高い薬を選択して投与します。
場合によっては婦人科のドクターと連携をとることもあります。

妊娠中に気をつけたいこと 喫煙と飲酒

喫煙(受動喫煙も含む)は流産や早産等が増加することが知られ、受動喫煙とともに、喫煙者の吸う煙(主流煙)と火のついたタバコの先から出る副流煙では発癌物質であるニトロソアミンは主流煙の50倍以上含まれています。

喫煙(受動喫煙を含め)は糖尿病とともに歯周病が進行したり、治療結果や術後の経過不良に関連があり禁煙をお勧めします。

妊娠中の飲酒の安全性は確立していませんが飲酒後に歯ブラシをしないで就寝したりおろそかになったりは歯周病の進行の原因のひとつかもしれません。

どちらにしてもアルコールは少ない量でもおなかの赤ちゃんに影響をおよぼす可能性があるとされ、胎児性アルコール症候群として子宮内胎児発育遅延、成長障害、精神遅滞や多動症、催寄性や先天異常が生じるとされています。