インプラントの構造と材質

デンタルインプラントの構造

デンタルインプラントは1960年代から失われた歯に代わるものとして使われてきました。

インプラントの材質

埋め込まれるインプラントの材質には生体親和性の高さ、優れた機械的強さからチタンが用いられています。

そのインプラント自体、安価なものから高価なものまで様々なメーカーによる製品があります。しかし修理が必要になった場合インプラントのメーカー自体がなくなってしまい部品の補充ができないようでは困ります。

当院のインプラントシステムは世界でもトップクラスのスウェーデン製インプラントをメインに使用しています。
また、インプラントと人工の歯の接合部分となるアバットメントや被せるものをジルコニアで製作することも可能です。