インプラント

他の歯に負担をかけない治療

デンタルインプラント

インプラントとは、失われた歯の機能、審美性を回復させるために顎の骨の中に人工の歯根を埋め込みその上に人工の歯をかぶせる治療です。
50年以上前にスウェーデンのブローネマルク教授が開発して以来世界各国で臨床応用されてきました。

インプラントは他の治療方法と大きく異なるところがあります。
歯のない部位の両隣の歯を削るブリッジや、両隣や数本の歯にバネをかけてとりはずしをしなければならない入れ歯などはどうしても、その歯に負担をかけてしまいます。

インプラント治療の場合は歯のない部分にインプラントを埋め込み骨と強固に結合(オッセオインテグレイション)することで従来のご自分の歯のように噛むことが出来るので他の歯へのダメージが少なく他の歯も長持ちするということになります。

噛み合わせの力も充分発揮されることで以前のように食事ができ会話を楽しむことができます。
取り外しの入れ歯のように歯肉にあたって痛い、食事が美味しくない、話すことが不自由、人前で思いっきり笑えない、ということが解消され精神的な面でも「入れ歯」というコンプレックスから開放され、喜びも大きい訳です。

当院でインプラント治療を受けていただいた方々に大変満足していただいているのもこのような理由からです。特に総入れ歯の方でよく噛めない、入れ歯のうわあごの部分の違和感、入れ歯が落ちてくるなどの症状の方はインプラントによる治療をおすすめします。

日本のような健康保険制度のない欧米では、歯科治療のほとんどは自費診療のため、以前からインプラントが最善の治療とされてきましたが、現在の日本においても、歯のないところへ歯を入れる欠損補綴の治療の中で、インプラントは第一選択と言えるでしょう。

ただし、すべての方にとってインプラントがベストの治療方法とも限りません。当院では患者様のご希望を伺い顎の骨の状態、お口の中の管理状況、全身疾患(重度の歯周疾患、糖尿病、骨粗鬆症など)を考慮し必要な検査結果を踏まえ、しっかり説明を聞いて納得いただき他の方法よりも良い結果を得られる場合にインプラントをお勧めいたします。是非ご相談ください。

インプラントは危ない?

ところで特にここ数年、一部メディアで大変悪いイメージをインプラントは植え付けられてしまったようです。

インプラント治療に関する教育やトレーニングを受けたことがない歯科医師がインプラント手術を行って失敗してしまったり、一度使用したインプラントを他の患者様へ使い回しをするような非常識な歯科医が現れたりしたことからでしょう。
あたかもインプラント治療イコール悪徳歯科医のような状況では真面目に取り組んでいる歯科医師は遣り切れないでしょう。

本来、スウェーデンのブローネマルク教授が開発したインプラント治療は決してお金儲けのためのいい加減なものではありません。
他の治療同様、常識ある歯科医およびスタッフが患者様のために真剣に取り組んでいればそのような危険は避けられると思います。
もちろん当院のスタッフ一同そのような気持ちで日々診療に従事しております。

CTスキャナーを用いたプランニング

インプラント治療では骨の状態が成功への重要なファクターになります。

顎の骨の厚みや高さ、骨質の状態、周囲の神経や血管の位置などの検査は、一般的なレントゲン写真だけでは行えません。3次元的に顎の骨を確認(計測)できるCTスキャナーによる撮影が現在のインプラント治療では必須となっています。

当院では、CT撮影で得られたデータをもとにプランニングソフト(SimPlant,またはSICAT)などで適切なインプラントの本数や長さ、角度、骨質など考慮しインプラント手術の治療計画を作成します。
それをもとに患者様に手術当日に必要なことや手術の内容、投薬について説明します。

オペ室

手術当日はクリーンな環境のオペレーティングルームで血圧、脈拍、心拍数などの生体監視モニター管理のもと、高度な滅菌システムの中で安心して治療を受けていただけます。

術中術後の確認も、その場でCT撮影ができる万全の体制で取り組んでいます。
わざわざCT撮影のために病院へ予約をするわずらわしさや待ち時間の心配もありません。術後もゆっくり時間を取ってお帰りいただけます。

装着後のメンテナンス

装着後もできる限り長く使っていただくため定期健診を受けていただきトレーニングを積んだ歯科衛生士によるインプラント部分のクリーニングをしてまいります。


>>インプラントの構造と材質


>>インプラントの症例